2013年10月03日

ポジショニング

「エステです」「行政書士です」「リフォーム業です」
これも、実はポジショニング。

でも、これだけだと広すぎる。
戦場が広いと、敵が多い。兵が多数必要。金もかかる。

でも、多くの人が、この大きな戦場で戦おうとする。
「あんな人も」「こんな人も」「この商品も」「あの商品も」
そして・・・・死ぬ。

この広い戦場で生き残るのは、
兵力、資金力のある大手数社だけ。

だから、自分が生き残れる、有利な場所、
小さなポジションを作る。

たとえば、
大ポジションが「整体院」だとしたら
小ポジションが「農家の高齢者、腰痛専門」とか。

「消費者の頭の中を制するものがビジネスを制する」

だから、小ポジションを絶対に決めてください。


同じカテゴリー(マジメな話)の記事画像
商品ではなく「人」を売れ
同じカテゴリー(マジメな話)の記事
 読み手を引っ張る「リズム」 (2013-09-23 18:01)
 どう書くかではなく何を書くか (2013-09-10 16:07)
 商品ではなく「人」を売れ (2013-05-16 12:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。